高山法律事務所(弁護士高山俊吉)のサイトです
高山俊吉WEBSITE
 トップページ > 本の紹介
高山俊吉
プロフィール
高山俊吉の考え
高山法律事務所紹介
プレスクリップ
交通事故は発生直後に万全の対応を
事故の補償請求は弁護士に頼もう
行政処分には適切・有効に対処しよう
法律相談・お問い合わせ
関連リンク集
インターネットラジオ
個人情報の取り扱いについて



挑戦する交通事件弁護 (GENJIN刑事弁護シリーズ)

 2008年に刊行した『交通事故事件の弁護技術』の後継書。前著同様、典型的な交通事故事案や珍しい事案を報告するとともに、事例報告者の何名かにご参集いただき、さらに詳しい事情を聞いた座談会も収録。ありふれた事件でありながら、時に専門的知識も要する交通事件の弁護活動における留意点を考える。

◆本書を購入する

amazonhonto

目 次
[ケース1] 車が自転車に衝突したか、自転車が車に衝突したか­ 阿波弘夫
[ケース2] 衝突地点についての検察側証拠(鑑定)を突き崩す 中間陽子
[ケース3] 自覚のない視野欠損があっても結果回避可能であったといえるか 戸城杏奈/小椋和彦
[ケース4] 被害者に傷害を負わせたのは被告人車両か 新川登茂宣
[ケース5] 裁判所の検証において事故状況を再現する難しさ 彦坂幸伸
[ケース6] 被害者・目撃者の供述と「突合せ捜査」への疑問を提示 高部道彦
[ケース7] 衝突後の信号機を確認した目撃者証言 三浦佑哉
[ケース8] 世間の厳しい風に惑わされない冷静な司法判断を望む 春山九州男
[ケース9] 危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の狭間 森岡かおり
[ケース10] オービス写真を用いた顔貌鑑定の推認力 百武大介
[座談会] 交通事件の弁護活動はどのように行うか 中間陽子/戸城杏奈/新川登茂宣/彦坂幸伸/百武大介/本庄武/高山俊吉/永井崇志/赤坂裕志
編者: 高山俊吉外2名
発行: 現代人文社
発行日: 2016年4月25日
サイズ: A5判
ページ数: 176ペ−ジ
ISBN: 4-87798-627-8 C2032
定価(税込): 2,100円
 
 
ページ上部に移動する
Copyright (C) 2011 Takahama law office. All Rights Reserved.