高山法律事務所(弁護士高山俊吉)のサイトです
高山俊吉WEBSITE
 トップページ > プロフィール > 季の花
高山俊吉
プロフィール
高山俊吉の考え
高山法律事務所紹介
プレスクリップ
交通事故は発生直後に万全の対応を
事故の補償請求は弁護士に頼もう
行政処分には適切・有効に対処しよう
法律相談・お問い合わせ
関連リンク集
インターネットラジオ
個人情報の取り扱いについて



しゃべっているだけではないところをご紹介してはどうか、世の中意外性ですよなどとホームページ管理者が勧めるのです。ほんの手すさび、ひとさまにお見せするものではないと固辞する私はついに押し切られ季節の花や植物の水彩画色紙ギャラリーが登場することになりました。事務所設立20年目からの遊びとご容赦ください。「なつのよの つきまつほどの てすさみに いわもるしみず いくむすびしつ」の感覚です。不定期、気が向いたときにぽつぽつと出させていただこうと思っています。

 

青と紫の人工着色のバラをいただいた。人工色も切り花も私としてはちょっとという感じなのだが、せっかくなので挑戦することに。人工色だけあって色使いに苦労はない。
まず1枚目はつぼみの多いうちに鉢植えの花をイメージして。
少し開いた2枚目は切り花をありのままに。
満開の3枚目(一番上)はアングルを変えて賑やかに。豹変するバラの楽しさ。(2017年3月)

 

安倍川最上流の奥山。温暖の駿府もここまで来ると寒い。旅館の屋根の上から2匹の猿が絵筆の私をじっと見ている。「私は何を描いたのだろう」。旅館の主人に間の抜けた質問をしたら、「南天ですね」と。葉が千両や万両と違うらしい。葉の写実を評価されたのか、実の曖昧さを言われたのか。提灯花は翌日、朝の光の中で描いた。可憐であった。(2017年2月)

 

今年も暮れになりました。このあたりで最近の絵に移ります。昨年秋の絵2枚です。色紙と絵の具を持って伊豆の山奥の温泉に行きました。画きたくなる花は、名前がわからなくてもビビビと一瞬に決まります。そこに旅館の女将が近づいてきて、これも画いてみませんかとすすめられたのは「あけび」。うーむとうなりましたが、すすめられて画かないのもと一気決断。これも画きました。どなたか花の名前を教えて下さい(2016年12月)

 

いよいよ秋。秋の自然を画くのが好きです。この絵も前作と同じ1994年のもの。山梨の山中の一枚。絵心がそそられるのは秋に集中する傾向があり、画いた絵を並べると自然に秋の木々や草花が多くなってしまいます。まんべんなく描こうとすれば腹をくくってそのつもりにならないといけません。これからは気分に任せず、計画性をもって画くように心がけます。(2016年10月)

 

少し時期遅れですが、アジサイは夏の季語ということでお許しいただき、私の1枚目はガクアジサイの花です。事務所設立2年前の1994年に画きました。アジサイの中でもガクアジサイが特に好きです。雨の後の姿を街で見かけ、見とれて仕事に遅れたことがありましたね。(2016年8月)

 

尊敬する作家で俳人で画家の嵐山光三郎さんが、私の事務所開設にお祝いの言葉を下さいました。今月は私の事務所設立20年目の月、というわけで記念の第1枚目には謹んでプロの作品を出品させていただきます。私の事務所は千代田区一番町。朝日さす山開きは高山事務所の開所を寿いで下さった言葉と思っています。心のこもった嵐山さんのお祝いの絵と祝詞を私は大事にしています。(2016年8月)

 

 
ページ上部に移動する
Copyright (C) 2011 Takahama law office. All Rights Reserved.